『ROLEXを見極める』へようこそ。

このサイトではロレックスの購入にあたり、模造品(レプリカ、偽物、コピー)を掴まされることの無いよう、見極める力を身につけていただく為の知識をお教えしております。
皆様からのリクエストもお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
スポンサード リンク

2012年12月

ロレックス 新サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]の見分け方5

前回に引き続き、今回もロレックスの中でも大人気である「サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]」の見極めの続きです。
2010年バーゼルフェアでデビューした新型モデルです。
では、見極めていきましょう。

次のポイントはココです。
016-1
017-1



Gのルミナスポイントに注目してください。
オリジナルは中の夜光部分がカプセルのように丸みを帯びています。
コピー品は単に平らです。中には外へ出っぱっているものもあります。
ちなみに、オリジナルのルミナスポイントの構造はこうなっています。
deepseainfo04

Hのバンク部分の通称ルーレット文字に注目してください。
コピー対策としてバンク部分にROLEX ROLEX ROLEX……と刻印されているのが通称ルーレットです。
オリジナルは分刻みでROLEXの各文字が配置されています。
その目安は3時側半分は5分毎にXの文字が来ます。9時側半分は5分毎にRの文字が来ます。
コピー品は分刻みに配置されておらず、バラバラになってしまっているものが多いです。

Iのサイクロップレンズに注目してください。
デイト表示を拡大させるのがサイクロップレンズですが、オリジナルはARコート(低反射コート)が施されており、角度によっては青紫に反射されます。
コピー品はARコートが
施されておらず、光がそのまま反射します。

まとめ
G,ルミナスポイント:コピー品は夜光部分が平らもしくは出っぱっている
H,バンクのルーレット文字:コピー品はROLEXの文字が分刻みに配置されていない
I,サイクロップレンズ:コピー品はARコート(低反射コート)が施されておらず、光をそのまま反射する


さて、今回でロレックス 新サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]の見極めは終了です。
いかがでしたでしょうか。
今回は写真等でも比較的わかりやすい部分をピックアップし検証してみました。
更に細かい部分につきましては、ご要望がございましたら単発でアップさせていただきます。


最後に……コピー品は常に進化しています。
ここでピックアップした部位がすでに改良されている場合もあります。
安全に腕時計を購入するには正規店や正規代理店にてのご購入をされることを強くおすすめいたします。

↓ご協力お願いいたします↓

人気ブログランキングへ

ロレックス 新サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]の見分け方4

前回に引き続き、今回もロレックスの中でも大人気である「サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]」の見極めの続きです。
2010年バーゼルフェアでデビューした新型モデルです。
では、見極めていきましょう。

次のポイントはココです。
014-1
015-1



Fの竜頭の位置に注目してください。
オリジナルに比べ、コピー品は竜頭の位置がケース裏側へ下がっています。
オリジナルはベゼル側面の半分くらいまで竜頭が上がっていることが分かると思います。

まとめ
F,竜頭:時計本体を水平に見た時、コピー品オリジナルに比べ竜頭の位置が下がっている


今回は以上です。
続きは次号にて。

↓ご協力お願いいたします↓

人気ブログランキングへ

ロレックス 新サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]の見分け方3

前回に引き続き、今回もロレックスの中でも大人気である「サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]」の見極めの続きです。
2010年バーゼルフェアでデビューした新型モデルです。
では、見極めていきましょう。

次のポイントはココです。
012-2
013-1



Eのセラミックベゼルと外周に注目してください。

オリジナルはセラミックベゼルの数字部分の彫りが深めです。また、外周の凹部分の下部がU字になっています。
コピー品はセラミックベゼルの数字部分の彫りが浅めです。また外周の凹部分の下部が丸くなっています。

まとめ
E,ベゼル:コピー品はセラミックベゼルの数字部分の彫りが浅く、ベゼル外周の凹部分の下部がU字ではなく丸い


今回は以上です。
続きは次号にて。

↓ご協力お願いいたします↓

人気ブログランキングへ

ロレックス 新サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]の見分け方2

前回に引き続き、今回もロレックスの中でも大人気である「サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]」の見極めの続きです。
2010年バーゼルフェアでデビューした新型モデルです。
では、見極めていきましょう。

次のポイントはココです。
004-2
005-1


-->
Bの竜頭ガードに注目してください。
オリジナルは優しい丸みを帯びていますが、コピー品は若干尖っています。

Cのセラミックベゼルの数字部分に注目してください。
オリジナルはプラチナコートが施されており、光の加減により浅めのシルバーに見えます。
コピー品はホワイト色で着色されています。

Dのベゼル外周に注目してください。
オリジナルは凹の部分に磨きが入っており、光沢になっています。
コピー品は削り出したままであり、くすんでいます。


まとめ
B,短針:コピー品は竜頭ガードが若干尖っている
C,セラミックベゼル:コピー品は文字部分にプラチナコートがされておらず、単なるホワイト色である
D,ベゼル外周:コピー品は凹部分が磨かれておらず、くすんでいる


今回は以上です。
続きは次号にて。


↓ご協力お願いいたします↓

人気ブログランキングへ

ロレックス 新サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]の見分け方1

今回はロレックスの中でも大人気である「サブマリーナ デイト[Ref.116610LN]」の見極めです。
2010年バーゼルフェアでデビューした新型モデルです。
アルミ製からセラミック製へ変更されたベゼル、視認性の良くなったインデックス、グライドロック付きクラスプ等、近年のロレックスにおけるハイクオリティ化を押さえたモデルチェンジとなりました。

と言うわけで、デビューから2年以上経過した現在、十分に市場へ浸透してきておりますが、それに伴いコピー品も数多く出現しています。
その中でもハイエンドモデルをピックアップし、各ポイントを見極めていきましょう。


001-2
右がオリジナル。左がコピー品です。
どうですか?余程研究している方でないと見分けがつかないと思います。
それでは各ポイントの解説をしていきます。


002-3
003-2

-->
上がオリジナル。下がコピー品です。
Aの短針に注意してください。ベンツ針の根元の夜光の太さが違います。

まとめ
A,短針:コピー品は短針の夜光バーが太い


今回は以上です。
続きは次号にて。

↓ご協力お願いいたします↓

人気ブログランキングへ
記事検索
関連キーワード




スポンサード リンク


livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
タグ・ホイヤー MONACO V4 ブログパーツ

管理者 プロフィール

Christopher

腕時計ソムリエ Christopher(クリストファー)と申します。アメリカ人です。
皆様が腕時計を購入されるにあたり、模造品などを掴んでしまい後悔してしまうということがないよう、様々な情報を公開していきます。


月別アーカイブ
メッセージ

↑ご協力お願いいたします↓

人気ブログランキングへ